トップページ » 特定疾患に関する情報

指定難病に関する情報

原因が不明で、治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働省が定める疾患を「指定難病」とよんでいます。

難病は、治療が極めて困難であり、かつ、その医療費も高額に及ぶため、医療の確立及び普及を図るとともに、患者の医療費の負担軽減を目的とした「特定疾患治療研究事業」が昭和48年から実施されています。

難病にり患し、一定の認定基準を満たされている方へは、その疾患に関するデータの厚生労働省への提供を前提に、その疾患の治療にかかる医療費の一部を公費で負担しています。

新たな指定医療費難病医療費助成制度とは

新たな難病医療費助成制度と小児慢性特定疾病医療費制度が平成27年1月1日より施行となりました。申請の窓口、手続きについての詳しいお問い合わせはお住まいの地区にある保健所、保健福祉事務所へ

申請手続きや指定医などについて、詳しくはこちらから
特定医療費(指定難病)に関する情報(群馬県)(外部リンク)

関連情報リンク

制度や対象疾患、申請方法などについてはこちらもご覧ください。
難病情報センター
(外部リンク)