トップページ » 群馬県の難病対策

群馬県の難病対策

難病相談支援センター推進事業

難病の方やご家族の療養上、生活上の悩みや不安等の解消を図るとともに、電話や面談等などにより、難病の方々が持つ様々なニーズに対応したきめ細やかな支援を行っています。

難病患者地域支援対策推進事業

県内各保健福祉事務所において、難病の方やご家族の相談に応じるほか、相談会や訪問等を行い、地域で療養生活を送るための支援を行っています。

難病の方々の医療費の負担軽減

特定疾患医療給付、小児慢性特定疾患医療給付
  

在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業

特定疾患医療給付対象疾患で、在宅人工呼吸器を使用している方に対して、診療報酬を超える訪問看護について公費負担しています。

神経難病患者在宅医療支援事業

クロイツフェルト・ヤコブ病等の神経難病について、担当医が診療に際して疑問に抱いた場合等、担当医の要請によって厚生労働省が指定する神経難病の専門医を中心とした医療チームを派遣することができる体制を整備しています。

人材の育成

在宅重症難病患者一時入院事業

特定疾患医療給付対象疾患で、在宅で人工呼吸器を使用している療養者を介護する方が、休養(レスパイト)や病気、けが等の理由で介護ができない時に入院できるように支援しています。【詳細はチラシをご覧下さい】