【セミナー】JRPS(日本網膜色素変成症患者会)主催

【JRPS主催連続オンラインセミナーのお知らせ】
※以下の行事はどなたでも参加できますので、申し込み方法に従ってお申込みくださ
い。なお、オンラインはZoomでの配信となる予定です。

テーマ:「遺伝情報と網膜ゲノム医療」
患者自らがゲノムとゲノム医療について理解を深めるため、連続オンラインセミナー
を以下の要領で開催します。

【主催】公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)
【共催】NPO法人 オール・アバウト・サイエンス・ジャパン(AASJ)
【形式】オンラインセミナー:パソコン・スマホで全国どこからでも視聴できます。
事前に参加登録をいただいた方に、前日の12時までに参加用URLをお知らせします。
(第1回・第2回共通)
【対象】遺伝性網膜疾患患者・家族、研究者・医療従事者、一般市民の方

(第1回)テーマ:ゲノムとは何だろう
【日時】2020年10月31日(土)13時~16時
【プログラム】
13時 開会挨拶 長澤 源一(JRPS理事長)
趣旨説明 有松 靖温(JRPS理事・研究推進担当)
13時10分 講演1「ゲノム ー 科学から人間全体を考えるには」中村 桂子(JT生命
誌研究館名誉館長)
13時50分 講演2「個人ゲノムを読む意義」西川 伸一(AASJ代表理事)
14時30分 休憩20分
14時50分 講演者と網膜色素変性症患者による討論
15時55分 閉会挨拶 西川 伸一
16時 閉会
※講演者プロフィール
<中村 桂子>
東京大学理学部化学科卒。
同大学院生物化学修了。
三菱化成生命科学研究所人間・自然研究部長、早稲田大学人間科学部教授、大阪大学
連携大学院教授などを歴任。
1993年JT生命誌研究館副館長。2002年同館長。
2020年4月より現職。

<西川 伸一>
京都大学医学部医学科卒。
熊本大学医学部教授、京都大学医学研究科教授、理化学研究所発生・再生科学総合研
究センター副センター長などを歴任。
2013年にAASJを設立し現在に至る。

(第2回)テーマ:遺伝性網膜疾患の原因と網膜ゲノム医療の近未来
【日時】2020年11月7日(土)13時~16時
【プログラム】
13時 開会挨拶 伊藤 節代(JRPS理事・研究推進担当)
13時10分 講演1「網膜ゲノム医療の考え方と進め方」 
前田 亜希子(理化学研究所生命機能科学研究センター網膜再生医療研究開発プロジ
ェクト 上級研究員・神戸アイセンター病院網膜変性研究室長・非常勤医師、ケース
ウェスタンリザーブ大学眼
科学准教授)
13時50分 講演2「大規模ゲノム解析から見えた日本人の網膜色素変性の特徴と課題
」 
秋山 雅人(九州大学大学院医学研究院眼病態イメージング講座講師)
14時30分 休憩20分
14時50分 指定発言 西川 伸一
15時 講演者と網膜色素変性症患者による討論
15時55分 閉会挨拶 有松 靖温
16時 閉会
※講演者プロフィール
<前田 亜希子>
札幌医科大学医学部医学科卒。
同大学院眼科学・病理学博士課程修
了。ワシントン大学(シアトル)眼科上級研究員、ケースウェスタンリザーブ大学薬
理学上級研究員、同眼科学講師・准教授を歴任。
2018年より現職。2018年JRPS研究助成受賞。
<秋山 雅人>
山口大学医学部医学科卒。
九州医療センター、九州大学病院眼科、理化学研究所ゲノム医科学研究センター、同
統合生命医科学研究センター,を経て、2018年 九州大学大学院医学研究院眼科学分野
特任講師。
2019年より現職。
2018年JRPS研究助成受賞。

【参加申込み方法】
下記事項を記載し、メールにてJRPS本部事務局までご自身でお申込みください。
【申込受付期間】
2020年9月28日(月)から10月27日(火)
【記入事項】
①氏名(フリガナ)
②メールアドレス
③属性(1.患者、2.家族、3.研究者/医療従事者、4.その他)④JRPS会員・非会
員の別
※メールの件名に「オンラインセミナー申込み」とご記載ください。
いただいたメールアドレスは本セミナーに関する連絡以外には使用しません。
【申込み先】JRPS本部事務局 
Eメール:info@jrps.org
問合せ電話:03-5753-5156
※本セミナーの報告書(墨字・音声デイジー)を作成、JRPS会員希望者に頒布予定で
す。
※※参加申し込みにお手伝いが必要の場合は、末尾のJRPS群馬事務局へお申し出
ください。申し込みのお手伝いをいたします。